定額制はもう時代遅れ?

ここ最近話題の出会い居酒屋に行ってみましたが、あまり良くはなかったですね。美女が相席してくれることもありませんでしたし、割に合わない食事代を払わされるし、楽しめるわけがありませんでした。

だったら、最初から外見も性格もわかった上で連絡をとっているサイトの女の子と会った時の方が、もっと仲良くなることができました。

どんな人が来るかわからない出会い居酒屋はそれ自体楽しみかもしれませんが、私なら出会い系サイトで知り合った娘と遊ぶのに費やす方がずっといいと思いますね。

出会い系ではニックネームを使うのが当たり前で、本名で登録する人はかなり珍しいですが、名字が仮名だから名前はそのまま本名を使っているという人は珍しくないのです。

サイト上で何度もやり取りしているうちに親密さが深まってくると、もっとおたがいのことを知りたくなり本名を教えてしまうといった気持ちもわからなくはありません。

しかし素性のはっきりしない相手に自分の本名を教えてしまうことは大きなリスクを伴います。ここ数年で増えてきているのが、フェイスブックによる個人情報流出の問題です。
全体に公開していたり、友人をたどってだれでも見られるような設定になっていると、本名で検索することにより、特定されて個人情報が知られるリスクがあります。
手軽にはじめられる出会い系サイトには良いことばかりではもちろんありません。

心をもてあそぶような詐欺被害にあう可能性もあります。サイト上では普通でも親しくなるとなにかのきっかけで暴力をふるわれてしまう可能性もあります。
不倫相手を探しのために出会い系サイトを利用していることもあります。

そんな中でも出会い系サイトで真剣な交際に発展した方も少なくありませんので、出会い系サイトでの見る目が問われていると言えるでしょう。

男性会員の数が女性会員に比べて多い出会い系サイトでは好みの女性を見つけて連絡をしてみてもまず返事がきません。

また、プロフィールを検索した女性が、連絡をくれる確率はどれほどありましょうか。

当然、すべての男性がそうだとは限りません。医者、弁護士、社長などの女性がわざわざ検索する肩書だった場合、ひっきりなしに連絡がくるでしょう。
だったらということで職業を医者としておくと連絡は集まるでしょうが、会ったときに嘘が発覚してしまい、トラブルに発展しかねません(;´Д`)有料の出会い系サイトがどのように利益を上げるのかというと、課金制を採用し、利用者からの支払いで利益をあげています。これは定額制とは逆で、たとえばメールを送るためには何円、というように、サイト上で何らかのアクションを起こすごとに料金を請求される制度です。
一部の詐欺目的のサイトでは、少しでも課金による利益を伸ばそうとサクラを雇ったり、テンプレートの文面を返すプログラムを使うなどしているため、無駄にやりとりが長引いていると感じるなどの事態があったら、すぐに利用をやめましょう。

優良、悪質にかかわらず、出会い系サイトには様々な目的を持った人が登録していますので、あなたが今サイト上で関わっている方の自分と同じ目的でサイトを利用しているか否か、あらかじめ伝えるようにしましょう。
そうすれば、余計な手間と費用がかかりません。
中高年 近所 出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です